外来・入院案内

外来案内

診療時間

診療時間 日・祝祭

午前9:00〜午後5:00

受付時間

【月曜日〜土曜日】
午前9:00〜午前11:00
午後1:00〜午後4:00

診療の流れ

診療の流れ図

※初診の患者さんにはまず簡単な問診票を書いていただきます。

肛門の診療

大腸肛門病専門医が問診票を参考にして診察します。患者さんは診察ベットに右を下にして横になり診察を受けます。

痔核裂肛痔瘻
膿皮症、毛巣洞
直腸脱、術後粘膜脱、括約筋不全、直腸瘤(直腸膣壁弛緩症)
肛門周囲皮膚炎、肛門掻痒症、尖圭コンジローマ その他

大腸の診療

大腸には大きく分けて2種類の病気があります。それは炎症性の病気(大腸炎など)と腫瘍性の病気(大腸ポリープや大腸がん)です。いずれの病気でも正確な診断には大腸検査が必要です。

大腸がん大腸ポリープ
大腸炎、クローン病潰瘍性大腸炎虚血性大腸炎、感染性腸炎
大腸憩室症、過敏性大腸症侯群、排便障害

大腸の検査

大腸内視鏡検査

大腸に内視鏡を挿入して行う検査です。直接病変を観察でき、また必要であれば組織を採取したりポリープを切除したりできるため、現時点では最もよい検査方法です。当院では大腸検査を行う場合の第一選択となります。
大腸内視鏡検査を受ける方へ

大腸レントゲン検査

大腸にバリウムと空気を注入して行う検査です。大腸の病変部位を特定する場合等に行います。

ページの先頭に戻る

入院案内

肛門疾患

入院当日
:入院時オリエンテーション(病院案内、その他)、手術前処置
手術当日
:手術、点滴
第1病日
:手術施行内容の説明、食事開始、点滴
第2病日
:入浴開始、回診、点滴
 
第6病日
:回診、点滴、退院時オリエンテーション
第7病日
:診察、退院

大腸ポリープ切除

入院当日
:入院時オリエンテーション(病院案内、その他)、内視鏡前処置、内視鏡的ポリープ切除、点滴
翌日
:診察、退院

ページの先頭に戻る

入院費用(疾患や保険の種類によって多少の変動があります)

肛門疾患

保険診療です。
1週間から10日の入院で、およそ7〜10万円です。

大腸疾患

保険診療です。
大腸ポリープ切除は、およそ2〜3万円です。
その他炎症性疾患などで1週間程度の入院の場合2〜3万円です。

※個室や2人部屋では室料差額が加算されます。

ページの先頭に戻る

面会時間

平日・土曜日 午後2:00から午後8:00
日曜・祝祭日 午前11:00から午後8:00

ページの先頭に戻る

QRコード画像

携帯でご覧になる方はQRコードをご利用ください。QRコードが利用できない方は直接アドレスを入力してください。

携帯アドレス
http://www.tokomon.jp/m/

診療時間:午前9:00〜午後5:00。土曜日も通常通り(内視鏡を含め)診療しております。

受付時間:午前9:00〜午前11:00、午後1:00〜午後4:00

休診日:日・祝祭日

お電話でお問い合わせ:TEL:04-2926-7521、大腸検査センター:TEL:04-2928-9861

研究活動:当院では数多くの臨床経験に基づき、その成果を論文や学会等で発表しています。